Menu

都市ガスとLPガスの違い

私たちの生活に欠かせないものの一つにガスがありますが、このガスは大きく分けて以下の2種類に分かれます。
一つは「都市ガス」でもう一つは「LPガス」です。
どちらも聞いた事がある名前だと思いますが、具体的にどういった違いがあるのでしょうか?
まず都市ガスの特徴は、メタンを主な成分として使う点です。
空気より軽いのが特徴ですが、メタンは無臭なため万が一の時に気づけるように臭いがあえてつけられています。
一方LPガスの特徴は、プロパンを主な成分として使う点です。
空気より重いのが特徴ですが、こちらも同じく無臭なためあえて臭いがつけられています。
両方のガスともに利用率は半々なわけですが、一番の両者の違いはガスの供給のされ方です。
都市ガスは道路の下に埋められたガス管を通って供給されるのに対し、LPガスはガスボンベを業者が自宅まで届けてくれます。
そのためどちらのガスを使っているかの見分ける方法はガスボンベがあるかないかで分かるわけです。
どちらにもそれぞれのメリットがあるので、これから家を建てたりする人は地域に馴染んだガスを選ぶと良いですよ。

プロパンガスともいいます:LPガス